Loading

「だんしん」って何?

NEW

ブログ画像1

ご存知の方も多いかと思いますが、住宅ローンには一般的に、万が一お借り入れをしたご本人が返済期間の途中でお亡くなりになったりした場合に備えて生命保険に加入しています。

正式名称は団体信用生命保険。「団信(だんしん)」という略称で呼ばれています。

今日はこの「だんしん」のお話です。

 

住宅ローンは一般的な分割払い、例えば車のローンなどと比較して高額で、返済期間も長くなることが多いです。最長35年のお借り入れとなるわけですから、その間に万が一の事故にあわないとは言い切れません。

団信はこのための備え。

お借り入れをしたご本人が返済期間の途中でお亡くなりになったり、高度障害を負って返済の継続が不可能になったりした場合、生命保険会社がご本人に代わって残金を返済する仕組みです。

保険ですから、これ以降の返済の義務はなくなり、ご家族はそのままローンがなくなった家にお住まいになることができます。

この保険制度があることから、家賃を払って賃貸生活を送るよりも住宅ローンを組んでお住まいを購入した方が安心とお考えになる方も多いのではないでしょうか。

 

万一の備えとしてぜひ入っておきたいこの制度ですが、注意が必要なのは現在の健康状態や既往症などの理由で加入できないケース。

銀行など多くの金融機関が、住宅ローンのお借り入れの際には団信への加入を義務付けていますから、団信に加入できないことが理由で融資を受けられないという可能性もあります。

フラット35のように「加入は任意」という商品も存在しますので、団信への加入がネックとなるような場合には、強制加入でない商品を選択するのも一つの方法です。

 

ただし、強制加入の場合には金融機関が費用を負担するケースが多いのですが、フラット35で団信に任意加入する際は、金利に0.2%上乗せすることでご本人が費用を負担します。

フラット35を検討の際には、このコストも考慮する必要があります。

 

住宅ローンを利用する方の大半が加入する保険ですから、一般の生命保険の保険料と比較すると、補償内容の割に保険料(金利負担)が割安であることが多いです。

ただ、年齢によって金利負担の差が生じないので、一般の保険では保険料が低くなるお若い方の場合、一般の定期保険などで代用できるケースもあります。

最近では、所得保障保険など団体信用生命保険の代用にもできそうな魅力的な保険商品が多数出ていますので、こちらも検討材料に加えてみるのもいいかもしれません。

特に30代前半ぐらいまでの方でしたら、団信よりも手頃な保険料で代替の商品が見つかるかもしれません。

フラット35で住宅ローンを組もうとお考えのお若い方でしたら、団信一択に固執せず、ぜひエージェントにご相談ください。

 

 

///お住まい探しは全国約500店舗展開中のハウスドゥ!にお任せください//

株式会社岳南ホールディングス ハウスドゥ!イオンタウン守谷店

〒302-0110 茨城県守谷市百合ヶ丘3丁目249-1

 イオンタウン守谷の中に店舗がございます

http://aeontownmoriya-housedo.com/

Free:0800 -800-4075

TEL: 0297-38-7075

FAX: 0297-38-7076

宅建番号 国土交通大臣(2)第8227号

◇急なご予定にもスタッフ全員で、迅速に対応させて頂きます。

 

女性

はじめての方もご安心ください。経験豊富なスタッフが、
物件探しのノウハウや資金計画まで丁寧にアドバイスさせて頂きます!

見るだけ聞くだけOK

電話で問合せ

通話料無料

0800-800-4075

定休日:年中無休
営業時間:10:00~21:00 

ページトップ